最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 水溜り

    木材の状態も重要

    宅にとっての一番の天敵は、実は湿気です。室内に湿気が入り込んでこもるようになると

  • 屋根からおちる雨

    補修の施工方法

    物の雨漏りに対する対処は先史時代から当然存在していたと考えられています。日本では

発生箇所の究明

水滴

自分の家は大丈夫、と思っていても、ふとした瞬間に起こりうるのが雨漏りという現象です。
そんな雨漏りが発生しやすい箇所というのは、当然ながら天井なわけですが、何が原因で天井に水がしみてしまうのか、という点がお分かりでない方は多いはずです。
大まかに言えば屋根の老朽化が原因となるわけですが、それを細かく分類すると以下の通りになります。
留め具の緩みを筆頭に、屋根表面部のひび割れ・穴、漆喰の崩れ、瓦のズレ・割れ、天窓のズレなどです。
もし家でいきなり雨漏りが発生した場合には、それらの原因を念頭に置いた上で自分で屋根に登って問題の箇所を確認し、それから業者さんに問題の箇所を提示しつつ依頼するようにすればスピーディーな対応をしていただけると思います。

自分で雨漏りを直してみる

雨の漏れが発生した場合、大抵の場合は業者さんやその道のプロに頼むと思いますが、そうすると当然のことながら料金が発生してしまいます。
決して安くはない料金は、家系にちょっとしたダメージを与えることでしょう。
もし料金を支払うことに躊躇する気持ちが働くのであれば、いっそのこと自分の手で直してしまうというのも1つの手です。
ご近所からの目を気にしないのであれば、屋根に登ってブルーシートをかぶせるだけでも立派な対処になりますし、そこまで目立ちたくないのであれば、防水アルミテープを貼り付けるという手もあります。
仮に自分の手で修理をすれば、当然ですが業者さんに頼むよりも費用は安く済むでしょう。
家系を圧迫したくない方は、是非安全に注意しつつお試しください。

雨漏り修理の現状について

自分で屋根に登らない場合は、必ずといっていいほど業者さんのお世話になると思いますが、彼らの修理方法の根底は今も昔も変わりません。
屋根に登って問題の箇所を見つけたら、そこを直す。
ただそれだけです。
しかし、その直す過程において匠の技が光ることもあれば、文明の利器が本領を発揮することもあるわけです。
現在の修理方法の主流は、問題の箇所――例えば穴やひび割れの箇所に接着コーティングや防水コーティングを施し、必要最低限の動きで直すといったものです。
作業箇所は屋根の上という危険な場所なわけですので、業者さんもそこには留意して日々自分たちの技術を進歩させているわけです。
もし町のどこかの屋根の上で彼らを見かけた場合には、わずかばかりでもいいので安全を願ってあげてください。

オススメリンク

屋根からおちる雨

補修の施工方法

建物の雨漏りに対する対処は先史時代から当然存在していたと考え…Read more

関連リンク